レコードを売ったら税金はかかるの?確定申告などの気になる疑問について解説!

皆さんはレコードを売る時に税金はかかるのか?と疑問を持ったことはありませんか?
また、売った時は確定申告が必要なのか、そのまま懐に入れていいのかなど多くの疑問があります。

今回のコラムでは個人でレコードの売買を行った際の税金、確定申告について詳しく説明していきます。

レコードの売った時には確定申告は必要??

まずはレコードを売った時に確定申告が必要か否かについて説明していきます。
結論から言うとレコードを単純に売っても、確定申告は必要ありません。
法律では生活用動産の販売(本、ゲーム、DVD、古着、子供服など通常生活する中で使用するもの)については確定申告が不要となっているので、レコードもその中に含まれます。
ただし、例外的に以下の条件に当てはまると確定申告が必要となってきます。

・生活用動産の販売であって、営利目的で得た利益(事業所得)
・貴金属や宝石、書画骨董などで1個または1組の価額が30万円を超えるもの(譲渡所得)
・給与以外の副収入による所得が年間20万円を超える場合
※この場合の所得税とは手元に入った収入金額(入金金額)から、取得にかかった経費などを差し引いて残った金額のことを指す。

実際に所得税がかかるケース

ここでは実際に所得税がかかってくるケースをご紹介いたします。

レコード/税金

①:利益合計が20万円以上となった場合

一般的にはレコードを売って利益を得た場合、給与所得がある通常の会社員でが20万円、給与所得がない専業主婦の方で38万円以上の利益が発生した場合には確定申告が必要になることがあります。
また、これは年間での計算となる為、たとえレコードの売買だけで20万円(専業主婦で38万円)を超えなくても、ほかの副収入で年間20万円以上の利益があった場合には確定申告が必要となります。

②:1点で30万円以上のレコードを売った場合

1点で30万円以上のレコードを売った場合は課税対象となります。この場合は生活用動産ではなく「ぜいたく品」とみなされます。
その他にも宝石や貴金属、骨とう品、美術品などもそれらの対象となります。

例外:総合的な利益が50万円以上とならない場合

上記のような場合に1円でも上限金額を超えると課税対象になるかというとそうではありません。総合課税という給与所得とそれ以外の副収入を合算する計算方法での確定申告では特別控除が50万円あります。従って、買った時の費用などを差し引いた利益が50万円以上とならない限り、課税対象とはならないという事です。

レコードを売っても課税されるケースは少ない

以上のように総合的に見ると、レコードを単純に売っただけでは課税対象になるケースは少ないと言えます。
しかし、「事業目的」として売買をすると課税対象になる場合があります。断捨離や家財整理でレコード買取店に出す分にはよっぽどなことがない限り非課税ですが、転売目的などで購入・販売を行う際には「事業目的」とみなされる場合があるので注意が必要でしょう。

今回紹介したケース以外にも課税対象となる場合はありますので、不安な点がある場合は税務署に直接連絡をしてみることをおすすめ致します。


レコード買取業者比較ランキング(2021年09月現在)

1位 エコストアレコード

とにかく高額買取!国内最大級のレコード買取店

エコストアレコードは買取実績30年以上を誇る国内最大規模のレコード買取店で、買取金額の高さは業界トップクラスです。
ジャンルごとに専門スタッフが在籍しており、オールジャンルで高価買取が可能となっており、日本に3店舗アメリカのニューヨークに1店舗を構えているので、他店で買取が難しい商品でも世界市場を基に最新の相場で査定を行ってくれます。
また、NHKの「おはよう日本」や「めざましテレビ」、「アド街ック天国」等のメディアで紹介されたり、業界初の買取アプリを自社開発しています。
買取方法も「出張買取」「宅配買取」「店頭持ち込み買取」の3つから選べ、郵送買取は専用買取ダンボール∔買取キット(ボールペン、ガムテープ等)が付いてきて、全国どこからでも査定料無料で依頼を受け付けています。また、レコード買取業界初のプライバシーマーク(Pマーク)も取得しており、日本工業規格(JISマーク)のルールに則って個人情報の管理を厳重に行っています。
国内でレコード買取を依頼するなら、エコストアレコードは最もおすすめできるお店と言えるでしょう!

◉口コミ・レビュー

・趣味の音楽コレクション(主に洋楽)が、レコード収集に変わっていったので、手持ちのレコード(LP100枚程度とEP少々)を処分することを考えていました。でも、廃品回収に出したり、音楽の価値が分からない人達に処分を頼むのはレコードたちが可哀そうです。そこで、価値の分かるレコード買取専門・エコストアレコード様に査定を依頼しました。
私は福島県在住なので、「郵送での査定」を依頼したのですが、なんと翌日にダンボールとガムテープ、ボールペンまでもが送付されてきました。しかも送料はすべて無料です。とても迅速で依頼主の負担を極限まで減らした至れり尽くせりのサービスだと思いました。
私は無精な性格で、レコードの手入れは全くと言っていいほど怠っていました。レコード盤が汚れているばかりか、帯なし、解説書なしも多かったです。そのため、査定額はあまり期待していませんでした。良くて数千円もついてくれれば御の字と思っていたのですが、結果はなんと数万円という驚きの高額査定を頂きまして大変満足しています。電話対応のスタッフ様も非常に親切丁寧にご対応頂きまして感謝しております。
今後のエコストアレコード様の益々のご繁栄を応援しております。ありがとうございます。

・他店より買取価格が高かった為、エコストアレコードに買取を依頼しました。
仮見積もり回答、梱包キットの到着、査定の全てが迅速に対応して頂きました。梱包キットは、箱がピッタリでテープも付いており、簡単に梱包できました。集荷も伝票も書かずに当日手配して頂き、これらを無料で対応してくれるのは親切です。
買取価格も高く、とても満足できました。

◉買取方法

店舗買取、出張買取、郵送買取

◉店舗情報

【所在地】
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1丁目4−9
サンエルサ106
【営業時間】
11:00~20:00 年中無休
※年末年始などの不定休日はWEB上にてお知らせ
【電話番号】
0120-888-378
【メールアドレス】
mail@ecostorecom.jp

詳細を見る

2位 HMV

信頼のHMVだからこその安心で便利なレコード買取

HMVグループは全国展開しているアナログレコード専門店です。 HMVも基本的にオールジャンルで買取を行っており、市場価値を鑑みた査定力は定評があり、買取価格は常に安定しています。 郵送買取は全国から送付でき、申し込みもすべてサイト上からできる為、非常に便利です。 また、HMVはローソンと提携しているので、Loppiで買取の承諾や入金を行うことができ非常にスムーズに買取を行うことができます。

◉口コミ・レビュー

・私自身レコードの知識がなく、父の遺品であるレコードをどこに買い取ってもらったらよいのか分からず困惑しておりました。そこでHMV RECORD SHOPさんのHPを見て、安心・信頼のできる業者さんだと思い、郵送で買取を依頼しました。非常にスムーズに買い取って頂け、個人情報などの扱いも非常に安心して利用できました。

・HMV RECORD SHOPに電話にて宅配買取を依頼したところ、梱包キットをすぐに手配してもらえ、スピーディーにレコードを買い取ってもらえました。買取価格がもう少し高ければなと思いましたが、少々急いでいたので、大変助かりました。

◉買取方法

店舗買取、出張買取、郵送買取

◉店舗情報

【所在地(渋谷)】
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-2
ノア渋谷 1F/2F
【営業時間】
11:00-22:00
【電話番号】
03-5784-1390

詳細を見る

3位 ディスクユニオン

多店舗展開とジャンル別の対応で専門性の高いディスクユニオン

ディスクユニオンは全国展開している大手レコード買取店です。 買取方法は「郵送買取」「店頭買取」「出張買取」の三種類があります。「郵送買取」は送料無料で自宅から買取に出すことが出来ますし、「店頭買取」は最短で当日中に査定が完了することもあるスピーディな査定に定評があります。「出張買取」はレコードの数が多いときに、店頭までもっていくのが厳しい場合に行ってくれるそうです。 また、レコード買取の実績が非常に豊富な為、常に安定した買取金額を提示してくれます。オールジャンルでレコードをお持ちの方にはピッタリのお店です。

◉口コミ・レビュー

・高価買取タイトルを見て買取を依頼しました。結構値段が付くと思っていたものをあらかじめ確認できたところが良かったです。

・ロックのインディーズライブ盤と値段が付くかどうかわからないCDでも、納得のいく査定結果でした。値段もつかないものばかりだと思ってたので、結構満足してます。

◉買取方法

店舗買取、出張買取、郵送買取

◉店舗情報

【所在地(買取センター)】
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-14 1F
【営業時間】
11:00~18:00 (土日祝11:00~17:00)
【電話番号】
0120-111-649
【メールアドレス】
mail@ecostorecom.jp

詳細を見る